• 統計学けんか物語 カール・ピアソン一代記 安藤洋美
  • 統計学けんか物語 カール・ピアソン一代記 安藤洋美
新しい季節 統計学けんか物語 カール・ピアソン一代記 安藤洋美 ビジネス・経済
  • 当日発送
  • 送料無料

新しい季節 統計学けんか物語 カール・ピアソン一代記 安藤洋美 ビジネス・経済

お気に入りブランド
販売価格 :

6800税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
新しい季節 統計学けんか物語 カール・ピアソン一代記 安藤洋美 ビジネス・経済
販売価格:¥6800 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

書き込みはありません
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>ビジネス・経済
商品の状態:傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域:茨城県
発送までの日数:2~3日で発送

商品の説明

最新のクチコミ

★★★

本書に書かれている内容は、ここ数年のことでありながらも、なお十数年前から存在する問題にも切り込むという「偉業」を成し遂げている。院生や博士中退者の就職問題は、この本が指摘するまでもなく、少子化の始まった93年から十数年にわたって存在する問題である。本書は、万年非常勤講師や、就職浪人博士が隅々にはびこる状況を、近年の文科省の無責任な政策の問題点を含めて紹介していて、以前の問題が更に深刻化していることを教えてくれる良書である。ただこの原因は文科省や学校の経営陣にも大きなウエイトがあると思うが、意志のはっきりしない学生側にも、「だまされた責任」はあるのではないかと思う。やりたいことがはっきりしないから、口車や雰囲気に乗せられて院生になり、中身のないまま修了してしまうのではないか、そんな気もするのである。また、本書にもあるが、下手に終身雇用にし、ろくに研究成果も出さずにのさばっている「教授」らが、優秀な研究者の発展の機会を潰している現実にも目を向けたい。私の知り合いにも20年で2本、それも小学生レベルの論文で、さらに著書の1冊は別の先生が代筆した、なんてレベルの「教授」様がいる。こういう寄生虫レベルの方々には、本書をしっかりと読んでいただき、日本の国益のためにも自ら身を退く勇気を持っていただきたいものである。また、本当に実力のある人には、専門に縛られず、他の可能性をどんどん試してもらいたい。そして、社会も年齢や学歴に関係ない受け入れ態勢を構築してほしいものである。

  • みすず5344
  • 22歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

今の問題点などが書いており 考えさせられました

  • amtgj
  • 30歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

改革に名を借りた、アメリカによる日本への自国の利益のための隠された意図を指摘した問題作である。大いに推薦できる。

  • yaya5807
  • 38歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

作者の分かりやすい文書で、実践的な経済知識が分かりやすく理解できる本だと思います。

  • ま2893
  • 26歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★

私も後1年で博士号を取得しますが、筆者は何故自身で事業を興したり、塾等の経営を考えないのか理解に苦しむ。この点確かに、博士号→大学教員と云う流れは今までの流れからは仕方のないことかもしれない。しかし、文科省が生涯学習を提唱し、大学院増強にはしったのは誰しもがしっていること。自分が自己の人生で何をしたいかを考慮、考察したうえで進学すべきなのではないのではなかろうか。筆者は九州大学院卒なのかもしれないが、大学は産近甲龍。はっきり言ってお世辞にも偏差値が高い学校ではない。そこの大学出身者が九大の院に入れると云う現実をまず直視すべきではなかろうか。大学教員にこだわる必要性は無いし、民間就職にこだわる必要性もない。私が企業の人事担当であれば、出身大学で筆者を採用しないと思う。九大院卒でも大学が・・・。結局のところはそこなのじゃないのではなかろうか。おまけに専攻課程が・・・・・。自身で企業すべきだと私は思います。明確なビジョンを持ち合わせ無いまま、旧帝院に合格して進学してしまった例の一つでしょう。博士号→大学教員と云う考えをもっていなければどんどん大学院に進学すべきだと私は思います。実際私は働きながら大学院に通っていますが混迷を深めた現代社会において、大学教育だけでは全く通用しないのが現状です。私は今の専攻課程で博士号を取得しても次にまた他大学の大学院へ進学する予定です。因みに私のいる学校で教授をされていた先生は、教授をやりながら他大学の院に通われていて、その後また博士号を取得され、その後母校の大学院教授になられました。努力しないひとには道は開けません。お金のために勉強するなんて言語道断だと思います。私は自分のために勉強を続けているだけです。この本はそう云う意味で一寸納得できません。ただ一つ言えるのは、今後大学院に進学予定のひと達にこの本を読んで現実を知って貰いたいのです。筆者のように学歴コンプレックスを持ったひとが学歴ロンダで旧帝院に入ってしまった場合、この様な結果になると云う現実を・・・。勉強は自分のためにするものです。因みに、筆者がさかんに文部科学省(以下文科という。)と東大法学部が仲が良いと書いてますが、私の記憶によれば、文科は京大閥です。霞ヶ関の中で文科だけが東大閥じゃないのではなかったでしょうか。(例外として法務省は東大、中央閥。)

  • 購入者1238765
  • 34歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品